Category: 食品

朝食でみかんを食べる

みかんはビタミンの含有量がとても多く、シミやソバカスのないお肌を作るためには、ぜひ食べて欲しいものです。ただ、食べ方には注意しましょう。

朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、ソラレンなど、柑橘類に含まれる一部の成分が光や紫外線への反応を高めてしまい、かえってシミができやすいお肌になってしまいます。美肌効果をねらうのなら、紫外線を浴びない夜に食べた方がいいでしょうね。紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響すると言われる事もあります。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものに一時期ブームとなったアロマオイルも選択肢の一つです。

中でも、肌の生まれ変わりに深い関係のある新陳代謝を高めてくれるネロリ、血液循環の促進に効果のあるゼラニウムは、くすみに最適です。

もちろん、マッサージに使うのもよいですし、何滴かをスチームの中にまぜて利用してみてはいかがでしょうか。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。

美白や保湿をしてくれる成分が大量にしみこんだフェイスマスクでのパックは、お肌のシミの要因のメラニンが生成されにくくなり、肌に透明感を出してくれます。

うっかり日に焼けてしまった時には特に効き目があり、日が変わらないうちに、がっちりケアすれば、シミ予防に効果があります。

皮膚にできたシミを気にしている人も少なからずいるはずです。

肌にできたシミを薄くするのに効果があると言われる食材の一つに挙げておきたいのがハチミツです。はちみつのふくむ成分により色素沈着し立ところが目立たなくなる効果があり、肌トラブルであるシミやそばかすなどを改善してくれます。お肌のシミが悩みの種とおっしゃる方ははちみつを買ってみるというのも良い方法になりますよ。肌を衰えさせる原因には色々ありますが、日光(紫外線)はケアしているのに、乾燥は意外と我慢している方が多いんです。

肌の水分バランスが崩れてくると、脂性と乾燥の混合肌に移行する人も多く、乾燥部分では小皺、脂の多いところで毛穴の開きなどが出てきます。

目尻や目の下は顔の中でも代謝が少ない部分なので乾燥によるダメージを直接受けるので、もっとも早く皺ができる場所と言われています。

年齢とともにヒアルロン酸やコラーゲンも減少するので法令線につながる口元のシワなどが増えやすいので、早めに対策したほうが良いでしょう。「肌のキメが細かい」などという「キメ」とはいったい何かということですが、肌を良く見ると細い溝になっている線がたくさん走っています。この皮溝と呼ばれる線と、皮溝が区切る皮丘という部位で作られた模様のことをさします。

キメの整っている肌の表面では皮丘の部分が均等な形に揃っているのがわかります。でも、身体の外側にあり、バリアの役目をする表皮が自身に含んだ水分を失い、乾燥して荒れた状態になると、皮丘は形を保てず、整然としたキメの並びは壊されます。荒れてしまった表皮では、ちゃんとしたバリアにならないので、すぐ下にある真皮もダメージを受けてしまいます。

真皮は肌の土台という働きがあり、真皮にまでダメージが及ぶと、土台としての力が弱まって肌を支えていられなくなり、肌表面にシワを生みます。

毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も少なくないのではないかと思います。気温が高く、湿度も高い。そんな環境では、私達の肌の常在菌もいつもより多くなります。真菌の中にマラセチア菌というものがありますが、この菌が引き起こすとされる皮膚に見られる病気で「でん風」と呼ばれるものは、体の部位を選ばず発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。なんだか変だな、と思う場合は、勝手に「シミだ」と判断せず、まず皮膚科に行き、相談をしてみてちょーだい。お茶には各種の種類がありますが、その中でも緑茶は最近話題のカテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)をたくさん含んでいます。カテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)は、ビタミンCの減少を防いでビタミンCの効果をさらに高めてくれます。活き活きした白い肌を保つためにビタミンCをしっかり摂取したいので、ビタミンCとカテキン(一度に大量に摂取するのは、肝臓障害などの恐れがあるかもしれません。何事もほどほどが肝心です)を同時に体内にとりこんでいけば、表皮のメラニンが増えて色素が沈着し、シミになることをすごく抑えることが出来るでしょう。普段肌トラブルがない人でも引っ掻いたり強くこするなど、刺激の与えすぎには注意しましょう。

刺激が多いと肌が薄くなります。

刺激で肌が強化されるかというと、まったく逆なんですね。

表皮は水分の蒸発を防いで肌を保護する働きがありますが、刺激の回数や量が多くなると肌の再生サイクルが弱まり、皮膚細胞の再生を担う基底層や真皮にまで歪みが生じ、代謝機能も変調をきたしてきます。真皮にまで影響が及ぶと肌を下から支える土台が脆弱になり、皺の持とになる緩みが生じて肌年齢が進行してしまいます。たるみが大きいと皺も深くなるので早めのお手入れが大切です。

砂糖など、糖質を摂りすぎる方は要注意です。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。糖分は体の中でタンパク質と反応しやすく、老化が加速してしまう糖化生成物に変化するのです。お肌のコラーゲンが糖と結合することで、お肌のこげつきといわれるくすみを起こしたり、シミの増加や、シワ、たるみを起こしたりする原因になりかねません。

カフェインを摂りつづける

しごと柄、同業の人立ちとスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)の話をしていて実感することがありました。シワが出来る肌質、出来にくい肌質というのはあるようで、肌が柔らかいほどシワが出にくいのです。

ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、気をつけなくてはいけないでしょう。

私はサロン勤務の姉に勧められて炭酸パックを始めました。続けているとわかるのですが、パック後の肌のプルプルが長く維持できるようになってきてからシワが気にならなくなってきて、びっくりしました。アンチエイジングって肌の色、ハリ、シワ、ツヤなど複合的な効果なんですね。コーヒー、それに、紅茶、緑茶等に含まれるカフェインという成分は、肌のシミを増やしてしまう一因になりますよ。。シミが出来てしまう箇所をあちこちに広げてしまったり、長い間、カフェインを摂りつづけていると色素が沈着しやすい体質になることが危惧されます。

さらに、緑茶のタンニンも肌のシミにとってダメだ働きをする成分ですし、シミが気になるという人はあまり多くは飲まないなさってくださいね。産後に体質が変わったという話は良く聞きますが、肌もその例に漏れないようです。

長期間変化のなかったホルモンバランスが出産で急激に変わるため、肌のたるみや皺などいろんなお肌の悩みが生じるため、身体的にも気分的にも大きな負担となります。エストロゲン(女性ホルモン)は肌のハリを保つ効果がありますが、出産後の急な減少のせいで皮膚が薄くなって乾燥しやすくなります。

また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特質です。

外からの影響をうけやすいため、過敏反応を引き起こさないよう添加物をなるべく控えたスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)化粧品でたっぷりと肌を保湿しましょう。

赤ちゃんはどこに触れてくるか分からないですから、安心できるものを使いたいものです。例えば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミはその人の肌の性質によって違います。それはつまり、紫外線がシミになりやすい肌があるわけです。具体的に申しますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。

簡単な見分け方は、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。美肌はすごくデリケートに出来ています。毎年、梅雨と言えばカビを思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

人の肌には常在菌というものがいます。

高温多湿な環境ではこの菌も増殖する傾向にあります。中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、体の部位を選ばず発症します。でん風の中には、一般的なシミとそっくりで茶色をしているものや、逆に、皮膚が真っ白になってしまうものもあります。いつものシミとは何かちがうかな?と思われたら、是非一度、皮膚科へ行ってみましょう。

大抵の場合、女性は加齢に伴い、お肌のシミや角質によるごわつきが気になってきます。

年齢と伴に自然に発生するものとも言えますが、やはり実際の印象としては良いとは言い難いでしょう。

でも、お肌のお手入れ次第では改善の見込みは十分にあります。

日ごろのスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)を欠かさず続けることで、美しく若々しいお肌を取り戻してみませんか。

美しい肌に変わることは多くの人の話題に上りますが、美肌になる方法は、日進月歩で進化しており、新たな方法も生まれています。最近では、美肌のためのアイテムが多種多様に生み出されており、その中でも特に、シミ改善に効果が期待できるサプリが流行になっています。ただ毎日飲むだけで効果が期待できるというお手軽な方法が負担にならず、嬉しいですね。

この数年間、肌に刻み込まれつつあるしわについてとても気になり出して、対策に追われています。

中でも特に問題視しているのは目尻にできてしまった、笑いじわなのです。大体目の周りの皮膚というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、この部分のスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)にはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いと、水分を留めておけなくて、乾燥しやすくなっています。そこで、クリームを塗り重ねたりして、保湿にはとにかく気を使うことを常に考えているのです。強く摩擦をかける洗顔やピーリングで負担をかけると、死んだ角質が重なって肌が一時的に硬くなりますが、実際には角質より下の層は薄くなっています。

肌を保護する層が薄くなると水分が失われるだけでなく、繰り返しストレス(刺激)を与えると表皮の再生が追いつきません。表皮より下にある真皮層の健康にまで強く影響が表れるようになります。

このような状態では肌を下から支える土台が脆弱になり、皺の持とになる緩みが生じて一気に顔の年齢が進んだように感じるのです。お肌にとって、摩擦刺激があまり好ましくないというのはよく分かっているつもりなのですが、それでも思わず、力まかせにぐいぐいとメイクを落としたり、ごしごしと洗顔フォームで顔を洗ったり、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。

メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使用して、優しく優しくを心がけるのがよいのだそうです。

兎にも角にも、無駄な力は入れないようにし、刺激を与えないよう、ソフトに指の腹で丸をくるくると描くようにする、以上がスキンケア(正しく行わないと肌トラブルに繋がります)の理想形ですが、実際は、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。