Main Content

しわが発生しやすい目の周り

年々深まっていく、肌のしわが気になってきて、仕方がありません。

中でも特に問題視しているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

目の周りの皮膚は他より薄くて、しわが発生しやすいところなので、この部分のスキンケアにはずいぶん力を入れていますが、皮膚が薄いということは、保湿の力も弱くて乾燥しやすいということもあり、ここはクリームを塗り重ねるようにして使い、何よりも保湿を大事にするようにがんばっています。オリーブオイルと言えば、主にイタリア料理に使われる、といった印象を持つものですが、多種いろんな有効成分が含有されているため、肌のケアの際にも役にたつものとして話題を集めています。洗顔にオリーブオイルを使うという使用例があり、実践した人からはシミが薄くなっ立という声が多く、美肌に興味のある方にとってはぜひ実践してみたい利用法です。喫煙により健康を害することのないよう、ここのところ沢山の方が禁煙するようになってきましたが、タバコとお別れすることは、スキンケアのうえで持たいへん大きなメリットを持たらします。さて一服、なんてしているまさにその時に、美肌をキープするのには絶対に必要なビタミンCを、たくさん使ってしまうという事実があります。

つまるところ、タバコを吸う行為は、シミなどに代表されるお肌の不調の根源ということになります。
美FACE

実際、タバコとお別れしたら肌が美しくなっ立というのは、数多くの方が心底感じていることなのです。

近頃、お肌がくすんできてるなぁと思った方はもう一度、洗顔方法を考え直してみるのも一つの手です。くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。肌の生まれ変わりを妨げるような生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)をしていると、古い角質を貯金しているようなお肌になってしまいます。明るい肌つくりの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、保湿しながら汚れは落としてくれる洗顔料できめ細かい泡をたてて洗います。肌のターンオーバーを促すピーリング石鹸を週一回ほど使うとくすみの改善につながります。

最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、いろんな雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをこなしてみたら、なんと3キロもの減量ができました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体つきは、何となくスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

このことと、ダイエットが関連があるかどうか確信できませんが、まあ、関連はあってもおかしくありませんから、今のところはとりあえずは、スキンケアをがんばりたいところです。シワ予備軍(肌の部分的乾燥)は普段から存在しています。気づいたらシワが出来ていたなんてことにならないよう、パックをして充分いたわってあげることも必要でしょう。就寝前におこなうと肌が休まるので緊張がとれ、ゆったり眠れるようになります。

いま話題のヨーグルトパックはコスパも良いのでオススメです。無糖ヨーグルトの上澄み液とハチミツを混ぜます。仕上がりはユルめです。

それをこすらないように注意しつつ肌に広げていき、数分したら水で洗い流します。乳液ほど重くなくて、ニキビ肌やアトピーの人でも安心して出来ます。

天然成分オンリーで肌の調子を整え、シワ予備軍に的確に作用してくれるはずです。

以前は気にならなくても、加齢といっしょに、次第にお肌のシミが気になりだします。気になって仕方がないシミには、漢方をオススメします。漢方ではシミを直接的に治すというよりも代謝を上げる効果により、シミができにくい体を作ったり、シミ改善も手伝ってくれます。

体の調子が良くなるので、シミ対策だけでなく健康的な体も望めます。

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐためにぜひ食べてほしいものです。

みかんを食べるときに、気をつけて欲しいことがあります。紫外線の刺激を受ける前にたくさん食べると、ソラレンのように、柑橘系果物に多い成分が紫外線に敏感に反応するようはたらき、むしろシミが広がることもあるそうです。美肌のために食べるのなら、みかんは夜食べることを心がけましょう。出産(哺乳類が子宮から胎児(産科医療の定義では、妊娠第八週目から胎児と呼んでいます)を出すことをいいます)を終えても当分の間、女性の身体は妊娠期から出産(哺乳類が子宮から胎児(産科医療の定義では、妊娠第八週目から胎児と呼んでいます)を出すことをいいます)までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、多種いろんなトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変もよく目たつために、悩む人は多いです。女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが出産(哺乳類が子宮から胎児(産科医療の定義では、妊娠第八週目から胎児と呼んでいます)を出すことをいいます)後はいきなり量を激減し、その影響を受けて、肌は簡単に乾燥状態へと陥ります。乾燥して荒れてしまうと敏感肌にもなりやすいので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って保湿に重点を置いたスキンケアを続けるのが良いようです。肌のエイジングケアの大敵である乾燥。

真夏のエアコンや冬の外気は持ちろん、季節の変わり目には注意が必要です。顔の中でも皮脂の分泌が極度に少ないのが目の周囲ですが、シワやシミが出やすく、まぶたから目尻のあちこちが小さく切れたりすることもあります。乾燥防止の目薬を使っている人もいるようですが、肌にも潤いを与えてあげてください。

肌は水分と脂質のバランスで健康を保っていますから、普段のスキンケアにオイルをプラスしてあげると良いでしょう。

オイルにも種類がありますので、しっとり、サラサラなど、好みに応じて選ぶと良いでしょう。